ごあいさつ

「JA全国監査機構」は、都道府県農業協同組合中央会の監査事業をJA全中(全国農業協同組合中央会)に統合した農協法に基づく農業協同組合の外部監査組織です。
平成14年の設立以来、体制充実や技術の向上等、監査の品質向上に積極的に取り組んでまいりました。
時代の変化のなかで、JA・連合会経営の健全性・透明性向上のためにJA全国監査機構にもより高い質の監査が求められており、平成22年度には全国のJA監査をより均質化するため、これまで都道府県監査部にあった審査機能を本部に集約し、また信連・厚生連の監査についても本部に専門チームを組成し、高い専門性を持った監査体制を構築しました。
また、平成25年度より総合的な品質管理体制を整備するなど、さらに改革の取り組みを進めているところであり、品質向上の取り組みに終わりは無いと認識しております。
JA全国監査機構は、農村の経済基盤として地域の組合員等利用者の皆様が安心して利用できるJAの経営基盤づくりに、監査を通じて取り組んでまいります。

全国農業協同組合中央会
監査委員長 大森 一幸

【写真】全中監査委員長 大森 一幸
  • ■Profile
  • 大森 一幸 おおもり かずゆき
  • 昭和30年生まれ。早稲田大学卒。昭和53年朝日会計社(現 有限責任あずさ監査法人)に入り、代表社員、本部理事等を歴任。平成29年6月みのり監査法人理事長に就任。同年8月より全中理事・監査委員長。

ページトップへ