JA全中
  あぐり村 食べ物と日本の農業のおはなし  
ホームにもどる もくじ:食べもののページ > 食欲(しょくよく)の秋
このおはなしを印刷する
あぐり村のページ
農家のページ
食べもののページ
商店街のページ
小学校のページ
世界の食べものと農業のページ
おコメのページ
印刷について
もっと調べよう
 
食欲(しょくよく)の秋
あぐり村にも秋がきました
 あぐり山では、きのこたちがにょきにょきと地面の上に顔を出し始め、リーンリーン、チンチロリンと虫たちも涼(すず)しそうな声で鳴いています。そう、秋がやってきたのです。
 みんなは「食欲(しょくよく)の秋」って聞いたことがあるかな? 秋にはおいしい「旬(しゅん)」の食べものがいっぱい。ついたくさん食べすぎちゃうよね。
 秋にはどんな食べものがあるのか、みんな知ってる?
秋の食べもの
秋の疲(つか)れをとって冬に備(そな)えよう
 秋の食べものには共通点があるんだけど、みんな何だかわかるかな?
 さつまいもやじゃがいもなどおイモは、地面からほり出される「根っこ」だね。りんごやかきなどのくだもの、かぼちゃ、くりやぎんなんなどは「実」や「種」だよね。
 秋の旬(しゅん)の食べものは、夏の間に太陽の光をたくさんあびて、大地の栄養をたっぷりすいこんでいます。冬をこして、命を春につないでいくためのエネルギーがギュっとつめこまれているのです。
 私たちはその自然が生んだ栄養をいただくことによって、夏の疲(つか)れをとって寒い冬に入る準備(じゅんび)をすることができるんだよ。
 たとえば、おイモには炭水化物(たんすいかぶつ)がいっぱい。体にエネルギーをたくわえて、寒い冬の準備(じゅんび)をすることができるんだよ。くだものやさつまいもにはビタミンCがいっぱい。ビタミンCをとると、疲(つか)れをとって体のバランスを取りもどしたり、夏の間に日焼けでできたシミやソバカスを増やさないようにすることができるんだ。
  サイトマップご質問・お問い合わせご利用にあたって Copyright(c) 2010 JA-ZENCHU All rights reserved. JA全中