JA全中
  あぐり村 食べ物と日本の農業のおはなし  
ホームにもどる もくじ:食べもののページ > みんなでつくろう!ふるさとじまん
このおはなしを印刷する
あぐり村のページ
農家のページ
食べもののページ
商店街のページ
小学校のページ
世界の食べものと農業のページ
おコメのページ
印刷について
もっと調べよう
 
みんなでつくろう!ふるさとじまん
農畜産物(のうちくさんぶつ)から加工食品をつくる
農畜産物(のうちくさんぶつ)をカットしたり、焼いたり、煮(に)たり、手を加えてつくられた食べもののことを加工食品(かこうしょくひん)といいます。
農家がつくった農畜産物のほとんどは加工されることなく、そのまま出荷(しゅっか)されますが、最近は自分たちがつくった農畜産物で加工食品をつくって販売(はんばい)する農家やJA(ジェイエイ)が増えています。

※出荷(しゅっか):モノを売るために運び出すこと
※販売(はんばい):商売をするためにモノを売ること
ナシ(梨)でワインやジュースをつくる
たとえば、鳥取(とっとり)県では、JA鳥取中央(ジェイエイとっとりちゅうおう)が中心となって、「二十世紀(にじっせいき)」という青いナシ(梨)からジュースとワイン、焼酎(しょうちゅう)をつくっています。小さかったり、少し傷(きず)がついたり、形が悪いナシは売れないので以前は捨(す)てられていました。もったいないよね! そこで、ナシをむだにしないように何かできないかな? とジュースやお酒をつくることにしたのです。
地元(じもと)のみんなが力を合わせる
農家はナシをつくり、JA(ジェイエイ)が果汁(かじゅう)をしぼることにしました。ところが、農家やJAは農畜産物(のうちくさんぶつ)をつくる方法はよく知っていますが、わからないことがいっぱいです。
「どう加工したらおいしいジュースやワインができるんだろう?」
県の研究所につくりかたを教えてもらいました。

「ジュースはどんないれものに入れたらいいんだろう?」
地元(じもと)の会社にパッケージをつくってもらうことにしました。

「どうやって売ったらいいんだろう?」 
地元のおかしメーカーやお酒の卸(おろし)会社から売り出すことにしました。
ナシのジュースやお酒はふるさとじまん
そう! 「鳥取(とっとり)の二十世紀ナシ」のジュースやお酒は、地元の農家、JA(ジェイエイ)、会社、研究所など地元の人びとが力を合わせることによって誕生(たんじょう)したのです。
ジュースの缶(かん)には、地元に伝わる伝説に出てくるかわいい羽衣天女(はごろもてんにょ)のイラストがついています。社会人野球のチーム「鳥取キタロウズ」公認飲料(こうにんいんりょう)にもなっていて、もうけの一部はチームに寄付(きふ)されています。
ジュースやお酒は、JAの直売所やおかしメーカーのお店、駅、空港、スーパー、コンビニ、東京にある鳥取県のアンテナショップでも売っています。「さっぱりして、シャリシャリしておいしい!」と人気のジュースやお酒は、鳥取のふるさとじまんなんだ。

加工食品はみんなに元気をくれる!
ナシを加工してジュースやお酒を販売(はんばい)すると、鳥取(とっとり)の農家やJA(ジェイエイ)にとってもよいことがあります。それは、ナシをそのまま出荷(しゅっか)する何倍ものもうけがあるということです。
国が計算したところ、お店で売っている農畜産物(のうちくさんぶつ)の値だんの約10分の1のお金しか農家はもらえていないのだそうです。お店で100円で売っている農畜産物をつくった農家には10円、流通業(市場[いちば])や卸[おろし]やお店など)に90円が入るということなのです。これでは農家はがんばりがいがありません。
ところが、農家やJAが自分たちで加工して、ジュースやお酒などの加工食品として売ればお店でもっと高く売れます。地元(じもと)で売れば運送料もかからないし、ガソリンがあまりいらないので環境(かんきょう)にもよいです。農家のもうけが増えるので、農家はもっともっとがんばって農業をやろう!と元気が出ます。
そして、農家やJAだけでなく地元の会社がいっしょにもうかって、地元に住むみんなが元気になります。「ひとりはみんなのために、みんながひとりのために」という協同組合(きょうどうくみあい)の考え方と同じだね!
資料:FACE(フェイス)第9号(2008年夏)/農林水産省 中国四国農政局、「食料産業クラスター展開事業(平成18年度)」(農林水産省資料)、農商工連携/統一テーマ広報10月(JA全中)
このお話も読んでね
食べものは地元(じもと)でつくろう!
地元(じもと)で食べものをつくるってどういうことなのかな?
どうしてお店のキュウリはまっすぐなの?
どうして小さかったり形の悪いナシは売れないんだろう? 
トレーサビリティって何のこと?
農家はむかしから農畜産物(のうちくさんぶつ)の加工をくふうしてきました。
農家って何をする人?
農業は農畜産物を田んぼや畑でつくるだけでなくていろいろな仕事をする職業(しょくぎょう)です。
調べてみよう
ちょっと難しい 小学生Q&A(二十世紀について)/全農(ぜんのう)とっとり。
「二十世紀(にじっせいき)」は明治21(1888)年に千葉県(ちばけん)で発見されたとても歴史のある日本のナシです。「二十世紀になったらナシの王様になるだろう」とこの名前がつけられました。二十世紀なしの花は鳥取県(とっとりけん)の県花になっています。

ちょっと難しい 鳥取二十世紀梨記念館(とっとりにじっせいきなしきねんかん)
二十世紀ナシのテーマパークだよ。鳥取県は二十世紀を日本で一番たくさんつくっています。

次のページへ
  サイトマップご質問・お問い合わせご利用にあたって Copyright(c) 2010 JA-ZENCHU All rights reserved. JA全中