JA全中
  あぐり村 食べ物と日本の農業のおはなし  
ホームにもどる もくじ:食べもののページ > 「いただきます!」のごあいさつ
このおはなしを印刷する
あぐり村のページ
農家のページ
食べもののページ
商店街のページ
小学校のページ
世界の食べものと農業のページ
おコメのページ
印刷について
もっと調べよう
 
「いただきます!」のごあいさつ
食事をする前のごあいさつ
みなさんは、食事をする前にごあいさつをしていますか?
「いただきます」は、だれかから何かをもらう時に言うお礼のごあいさつ。食べものをいただきますっていう意味(いみ)だよね。
でも、だれからいただくんだと思う?
お母さん! 給食(きゅうしょく)のおばさん! コックさん! そう、お料理をつくってくれる人がいるから、私たちはおいしい食べものを食べることができるんだよね。だから、どうもありがとうってお礼の気持ちをこめていただきます!ってごあいさつするんだよね。

お料理はどこからくるの?
でもね、お料理をつくっているお母さんもごはんを食べる時、「いただきます!」ってごあいさつをしてませんか? あれあれ、どうしてでしょう? 
がんばって働いてお給料(きゅうりょう)をウチに入れてくれるお父さんに感謝(かんしゃ)してるのかもしれないね。
でも、それだけではなさそうです。お母さんはお料理を、野菜やお肉や卵(たまご)などの食材(しょくざい)・・からつくりますね。それらの食材はどこからくるのでしょう?
農畜産物(のうちくさんぶつ)は、農家がつくってくれているし、魚や貝は漁師(りょうし)のおじさんが海や川や湖でとってくれたものです。だからみんながおいしいお料理を食べられるんだよ。
みなさんは学校の授業(じゅぎょう)などでおコメや野菜を育てたことがあるんじゃないかな? 水をあげたり、日が当たるように工夫(くふう)したり、草取りなどお世話するのはとても大変ですね。農家や漁師さんは私たちのために一生懸命(いっしょうけんめい)お仕事をしてくれるので、私たちは食べものを食べられるのです。
「いただきます」には、農家や漁師さんへの感謝(かんしゃ)の気持ちがふくまれているんだよ。
大(おお)いなる自然に感謝(かんしゃ)
でもね、農家や漁師(りょうし)さんも、食事をする時には「いただきます!」とごあいさつしてますね。あれあれどうしてでしょう? 農家のおじさんに聞きました。
「おコメや野菜はね、太陽や水、大地(だいち)からのいただきものだよ。おコメや野菜は自然に力をもらって、自分で大きくなるんだ。おじさんたちはね、それを手伝っているだけなんだ」
そう! おコメや野菜は「自然」に力をもらってすくすく育つんだよ。だから、私たちは自然にむかって「いただきます!」のごあいさつをしているのです。

「いただきます!」は、お料理をつくってくれる人、農家や漁師(りょうし)さん、大いなる自然へのお礼と尊敬(そんけい)の気持ちがこめられている、とてもおくが深いごあいさつです。日本にこんなステキなごあいさつがあることは、ほこらしいことです。ずっとずっとこのごあいさつを大切にしていきましょうね。
食べものを大切に
日本には食べものがたくさんあります。みなさんのおウチの食卓(しょくたく)にも毎日、おいしいお料理が並(なら)ぶことでしょう。お料理をしなくても、お店に行けばイタリア風のパスタ、中華(ちゅうか)料理、インドカレー・・・世界じゅうのお料理が売っています。私たち日本人はこれがふつうの食事だと思っています。
だけど、世界全体でみると、おなかがいっぱいになるまで食べられるっていう国は少ないんだよ。今、食べものがないので栄養がとれなくて苦しんでいる人は世界に約10億人います。7人に1人が毎日おなかをすかせて、ひもじい思いをしています。「いただきます!」という時にはこのことも思い出してください。
むかしの日本人は「ごはんはひとつぶも残さず」というぐらい、食べ残しをしませんでした。あまり豊かでなかったこともありますが、食べものをとても大切にしていたからです。今はどうでしょう? ごみばこに食べ残しの食べものを捨(す)てても平気な日本人と、少ない食べものを感謝(かんしゃ)して食べることのできる国の人びとと、どちらがしあわせなのか、考えてみてくださいね。
このお話も読んでね
やっぱり「手づくり」が一番!
さくらちゃんはお母さんの手づくりのお料理が大好きです。
農家って何をする人?
おコメはどこからくるの?
農畜産物(のうちくさんぶつ)はどこからくるのでしょう?
トマトができるまで
牛乳(ぎゅうにゅう)ができるまで
あぐり村のカエルは元気いっぱい!
命の輪(わ)がつながると、自然エネルギーがいっぱい満ちあふれます。
世界の食べものはなくならないの?
世界では7人に1人がおなかがすいてひもじい思いをしています。
みんなで広げようぐるぐるリサイクルの輪
今日本では食べもののリサイクルに力を入れています。
調べてみよう
『「いただきます」が言えた日 〜卓也ともう一つの世界』/農林水産省(のうりんすいさんしょう)
「食べること」って何だろう? 小学校5年生の卓也(たくや)君が旅に出ていろいろな出会いを体験(たいけん)します。

次のページへ
  サイトマップご質問・お問い合わせご利用にあたって Copyright(c) 2010 JA-ZENCHU All rights reserved. JA全中