JA全中
  あぐり村 食べ物と日本の農業のおはなし  
ホームにもどる もくじ:食べもののページ > 食べもののむだづかいのはん人はだれだ?
このおはなしを印刷する
あぐり村のページ
農家のページ
食べもののページ
商店街のページ
小学校のページ
世界の食べものと農業のページ
おコメのページ
印刷について
もっと調べよう
 
食べもののむだづかいのはん人はだれだ?
生ゴミって何?
 みんなはゴミ出しのお手伝いをしたことがありますか? 生ゴミって何でしょう? お料理を作る時に出る野菜の皮や切れはしや、魚のほね、それから、みんなが食べ残したものなどが生ゴミだよね。
 そのほかにどんな生ゴミがあるでしょう? レストランやホテルで出る調理(ちょうり)のくずや、スーパーやコンビニの売れ残りも生ゴミになるね。食品工場からも加工するときにも食べもののカスが出ます。
生ごみの出る場所の図
日本の生ゴミの半分は家庭の台所から
 日本で出る1年間の生ゴミは1,940万トンです。そのうち家庭の台所から出る生ゴミは1,000万トンで、日本の生ゴミのだいたい半分です。
グラフ・生ゴミが出るところ、お店18%、工場31%、台所51%
ほとんど燃やされている台所とお店の生ゴミ
 家庭の台所やレストラン、スーパー、コンビニなどのお店から出るゴミのほとんどが、焼却場(しょうきゃくじょう)で燃やされて土の中にうめられています。リサイクル率はほとんどゼロに近い0.3%です。
 生ゴミのうち、食品工場から出る生ゴミはだいたい半分の48%がリサイクルされています。ゴミが新しいモノに生まれかわることを「リサイクル」っていうんだよ。その時、ゴミは、ゴミではなくて資源(しげん)という名前になります。
台所とお店、食品工場の生ゴミグラフ
  サイトマップご質問・お問い合わせご利用にあたって Copyright(c) 2010 JA-ZENCHU All rights reserved. JA全中