JA全中
  あぐり村 食べ物と日本の農業のおはなし  
ホームにもどる  

ジェイエイってなに?

協同組合ってなに?

世界で初めての協同組合 〜19世紀のヨーロッパで誕生(たんじょう)

  協同組合は、19世紀にイギリスなどヨーロッパの国々で生まれました。イギリスでは産業革命(さんぎょうかくめい)が起こり、石炭を使って機械を動かす織物(おりもの)などの工場がたくさんできました。
 イギリスのロッチデールという町の工場で安い賃金(ちんぎん)で働く人々は、仕事はきつく、賃金(ちんぎん)が安く、とても貧(まず)しいみじめなくらしをしていました。お金がないのでくらしに必要なものを「つけ」で買わざるをえませんでした。パンや小麦(こむぎ)に混(ま)ぜ物をされたり、量をごまかされたり、くらしに必要(ひつよう)なものも十分に手に入りません。栄養 (えいよう)がとれないので、半数以上の子どもが5才になる前になくなってしまったそうです。
 そこで、ロッチデールの28人の織物工場で働く人々は、「もっとよいくらしがしたい」という願いをかなえるために、みんなで週にペンスのお金を出しあって1ポンドのお金を貯(た)め、自分たちで使う自分たちのお店を1844年につくりました。くらしに必要なモノを仕入れてお店で買えるようにしたのです。これが世界で初めての「協同組合」です。その後「協同組合」の考え方はヨーロッパから世界に広がっていきました。

ロッチデールの協同組合のお店
ロッチデールの協同組合のお店
  サイトマップご質問・お問い合わせご利用にあたって Copyright(c) 2010 JA-ZENCHU All rights reserved. JA全中

印刷 おはなしブックをほぞん