JA全中
  あぐり村 食べ物と日本の農業のおはなし  
ホームにもどる  

ジェイエイってなに?

どうしてJA(ジェイエイ)はいろいろなとりくみをしているの?

組合員の「くらし全体」を支援(しえん)するためのJAの事業

 JA(ジェイエイ)は、指導(しどう)事業、共済(きょうさい)事業、信用(しんよう)事業、厚生(こうせい)事業など、たくさんの事業をしています。どうしてでしょうか。
 JAは「地域(ちいき)の農業や地域の人々のくらしを守る」ことを目的にした、「農家や地域の人々」の集まりです。つまり、地域に住む一人ひとりのくらしを支えるためにJAは事業を運営(うんえい)し、さまざまなとりくみをしています。
 たとえば、ある農家のくらしをみてみましょう。農業をするためには農産物の種や肥料(ひりょう)や農薬、農業機械(のうぎょうきかい)を買うための資金(しきん)がいります。くらしに必要なモノを買ったり、いろいろな食べものを買う日々のお金も必要ですし、子どもが学校にいく教育費(きょういくひ)も貯(た)めておかなくてはなりません。農作業中の事故(じこ)や、地震(じしん)・火事などの自然災害(しぜんさいがい)、交通事故(こうつうじこ)にあうこともありますから、それに備(そな)えて保険(ほけん)に入ることも必要です。また、農産物の栽培(さいばい)のしかた、家畜(かちく)の育てかた、家計簿(ぼ)のつけかた、くらしかたのアドバイスも必要です。どれひとつ欠けても農家はしあわせにくらしていくことはできません。
 このような組合員の「くらし全体」を支えるために、JAではいろいろな事業やとりくみをしているのです。

JAグループ組織図
次のページへ
  サイトマップご質問・お問い合わせご利用にあたって Copyright(c) 2010 JA-ZENCHU All rights reserved. JA全中

印刷 おはなしブックをほぞん