JA全中
  あぐり村 食べ物と日本の農業のおはなし  
ホームにもどる もくじ:農家のページ > 雨の日や雪の日、農家の人は何をしてるの?
このおはなしを印刷する
あぐり村のページ
農家のページ
食べもののページ
商店街のページ
小学校のページ
世界の食べものと農業のページ
おコメのページ
印刷について
もっと調べよう
 
雨の日や雪の日、農家の人は何をしてるの?
雨がふったら農家の仕事はお休み
 あぐり村に雨がふりました。

 さて、ゲン君のウチをのぞいてみましょう。あらら、お父さんがコタツにもぐってウトウトしています。お母さんが、お父さんを起こさないように、そうっとふすまをしめています。
いねむりをしているゲン君のお父さん
 みんなは、どうしてゲン君のお父さんがいねむりをしているのかわかりますか? ウチで農業をしているっていうお友だちならすぐわかるよね。そう、畑や田んぼで農作物をつくっている農家にとって、雨の日はお休みの日なのです。
 晴れの日、農家は太陽のもとで一生けんめいに働きます。農作物は生き物だから、今日が何曜日であろうが変わらずお世話をしてあげなければかれてしまうからです。サラリーマンとちがって、農家に日曜日はありません。
 でも、雨がふると農作物がぬれて収穫(しゅうかく)ができないし、かさをさして作業するのは大変なので、多くの農家では「雨がふったら仕事を休もう」と決めているのです。
  サイトマップご質問・お問い合わせご利用にあたって Copyright(c) 2010 JA-ZENCHU All rights reserved. JA全中