JA全中
  あぐり村 食べ物と日本の農業のおはなし  
ホームにもどる もくじ:小学校のページ > 給食のひみつ
このおはなしを印刷する
あぐり村のページ
農家のページ
食べもののページ
商店街のページ
小学校のページ
世界の食べものと農業のページ
おコメのページ
印刷について
もっと調べよう
 
給食のひみつ
給食のひみつを見つけよう
 みんなは給食が好きですか? どんなメニューが好きかな? 好きな野菜は何? きらいな野菜はなに? ごはんは給食に出てくるかな? いろいろな給食があるけど、やっぱり給食はおいしいね! どうしておいしいのかな。おいしいひみつを探してみましょう!
学校給食の写真
ひみつ1:栄養たっぷりだからおいしい
 給食は、「みんなに必要な栄養」がバランスよく入っているからおいしいのです。栄養士(えいようし)さんが、みんながすくすく育ってくれるようにと、体と健康によいメニューを知恵(ちえ)をひねって考えてくれているおかげです。
ひみつ2:地元のおコメや野菜を使っているからおいしい
 地元(じもと)の農家がつくったおコメや野菜を使って給食をつくると、とてもおいしくなります。とれたてだからピチピチしているし、どういう風につくったのかよくわかるから安心。
 おコメや野菜をつくってくれる農家も、大好きなみんなに食べてもらえてとてもうれしいんだって! 農家のおじさんやおばさんに会ったら、「ありがとう」「おいしいよ」ってお礼を言おうね!
ひみつ3:昔から伝わるふるさと料理だからおいしい
 みんなの住んでいるところには昔から伝わっているお料理はありますか? そういうふるさとのお料理のことを伝統(でんとう)料理っていいます。みんなの小学校の給食にも伝統料理のメニューが出てくるかもしれません。みんなにふるさとのお料理を食べてもらいたい、覚えてもらいたいと願っているからです。
 伝統料理には、地元でとれるものを使って一番おいしくつくるくふうや、「しあわせになって!」という思いがこめられています。だからおいしいんです。
ひみつ4:みんながつくった野菜やおコメを使っているからおいしい
 学校の授業でみんながいっしょにつくったおコメや野菜でつくった給食はとってもおいしいね。みんなの苦労と気持ちがこもっているからだね。食べるのがもったいないと思うほどだよね。
ひみつ5:自分たちで給食メニューを考えているからおいしい
 自分たちが食べたい給食をアンケートで決めたり、自分たちでメニューを考えている小学校があります。でも、まい日ケーキとジュースということにならないように、先生にチェックしてもらおう!
ひみつ6:調理士(ちょうりし)さんの思いがこもっているからおいしい
 給食室の調理士のおばさんがいっしょうけんめいつくってくれる給食だからおいしいんだね。給食室にいったらおいしさのひみつを聞いてみよう。「ありがとう」もわすれないようにしようね!
ひみつ7:みんなで食べるからおいしい
 ひとりぼっちで食べる食事はおいしくない! 給食は先生やみんなといっしょに食べるからおいしいんですね。これはとっても大きな給食のひみつです。
給食探偵団(たんていだん)が増えている
 給食にはひみつがいっぱい。日本じゅうの小学校では、給食のひみつを探る探偵(たんてい)団がどんどん生まれているんだよ。みんなも探偵団のなかまに入って給食について調べてみよう!
給食探偵団のさくらちゃんとゲン君
調べてみよう
ちょっと難しい 元気なおにぎり屋さん(JA根上の「ごはんば〜が〜」)北陸農政局のホームページより
石川県のJA根上(ジェイエイねあがり)の「ごはんば〜が〜」が給食に登場したよ。「まごがごはんを食べない」と相談(そうだん)を受けたJAのお母さんたちが地元の野菜やお肉を使ったおいしいバーガーをつくりました。学童保育(がくどうほいく)のお友だちやお年よりにも大人気。

ちょっと難しい 若草学級のお友だちがつくった新高梨(しんこうなし)ジャムが学校給食に登場/「まあるい心ちゃれんじどの応援団(おうえんだん)」のブログ
高知県高知市では、地元のとれたてのくだものでつくられたとってもおいしい新高梨(しんこうなし)ジャムが学校給食に登場しました。
給食用の新高梨(しんこうなし)ジャムは、小学生、梨農家、NPO(エヌ・ピー・オー。みんなの幸せのために活動しているグループのこと)のお菓子(かし)屋さんやボランティアのみなさんが協力してつくっています。高知市立朝倉第二小学校の若草学級のみなさんが考えだして、体験授業(たいけんじゅぎょう)の中で5年間つくり続けてきたジャムのレシピが元になっています。
材料には規格外(きかくがい。形が悪かったり大きすぎる、小さすぎるなどの理由でまとめて売れない農産物のこと)の新高梨をたくさん使っているんだよ。

次のページへ
  サイトマップご質問・お問い合わせご利用にあたって Copyright(c) 2010 JA-ZENCHU All rights reserved. JA全中