JA全中
  あぐり村 食べ物と日本の農業のおはなし  
ホームにもどる もくじ:あぐり村のページ > 春の田んぼにいってみたら
このおはなしを印刷する
あぐり村のページ
農家のページ
食べもののページ
商店街のページ
小学校のページ
世界の食べものと農業のページ
おコメのページ
印刷について
もっと調べよう
 
春の田んぼにいってみたら
あぐり村の田んぼはレンゲの花でいっぱい
レンゲ畑にねころがるさくらちゃん
 春になりました。お散歩(さんぽ)のすきなさくらちゃんは大喜びです。
あぐり村の田んぼはレンゲでいっぱい。あぜばたには東京にいたころには見たことのないちっちゃなかわいらしい花もたくさんさいています。
 さくらちゃんがレンゲの花をつんでいると、ゲン君がやってきました。
さくらちゃん 「ゲン君、レンゲ畑、すごーくきれい。お花のじゅうたんみたい。ねっころがってみたらね、せなかがちょっと冷たかったよ。」
ゲン君 「レンゲの花はね、マメ科の植物なんだよ。自然にはえてくるんじゃなくて、農家が種をまいているんだ。根っこに根粒菌(こんりゅうきん)ていう微生物(びせいぶつ)がついて、栄養をたっぷりつくってくれるんだ。だから、レンゲはイネの肥料(ひりょう)になるんだよ。」
 ゲン君の話によると、化学肥料(かがくひりょう)が使われる前は日本じゅうにレンゲ畑がたくさんあったけど、最近はあまり見られなくなったそうです。あぐり村でもレンゲがすがたを消してしまったこともありましたが、農薬や化学肥料をできるだけ減(へ)らしておコメをつくろうということになって、むかしのようにレンゲの種をまくようになったんだそうです。
堆肥(たいひ)と化学肥料(かがくひりょう)
ちょっと難しい肥料(ひりょう)とは野菜やおコメやくだものなどの農作物が育つための栄養、つまり、植物の食べもののことです。農作物が根っこから栄養分を吸いとれるように、肥料を土に混(ま)ぜたり、土の中にうめてあげます。土の中にも栄養は含まれていますが、足りない栄養があるのでそれを補(おぎな)ってあげるのです。
肥料には、大きく分けると堆肥(有機肥料)と、化学肥料があります。


堆肥(たいひ)
堆肥は、草やかれ葉やイネのわらやもみ、コメぬか、生ゴミ、牛やぶたのウンチ、魚のほねや粉(こな)などを発酵(はっこう)させてつくります。つくるのに手間(てま)や時間がかかるので、値だんは高めです。
堆肥は栄養バランスのよい食事のようなものです。堆肥をあげた農産物はじわじわと力をつけてじょうぶに育ちます。微生物(びせいぶつ。目に見えないくらい小さな生物)や微生物の食べるえさがたくさんふくまれているので、土がふかふかと元気になります。微生物が栄養をつくり出してくれるからです。
レンゲなどのマメ科の植物の根っこには根粒(こんりゅう)バクテリアという微生物が住んでいて、栄養をつくりだしています。だからレンゲは肥料になるんだよ。


化学肥料
化学肥料は、くだいた石などを化学合成してつくったものです。工場でたくさんつくることができて値だんも安いので農家のほとんどが化学肥料を使っています。
化学肥料は栄養剤(ざい)のようなものです。栄養分がたくさん入っていてききめがすぐにあらわれますが、微生物のえさとなる栄養も入っていないので、使い続けると微生物がいなくなって土がやせてしまいます。化学肥料は栄養分が流れ出しやすく、有機肥料よりも地下水がよごれやすいのでたくさん使いすぎないようにしなくてはなりません。また、化学肥料にする石はほとんど外国から輸入(ゆにゅう)されているので輸入されなくなったら日本では使えなくなってしまうかもしれません。


参考:埼玉県大里農林振興センターの資料、「現代農業」2001年5月号他
このお話も読んでね
有機(ゆうき)って何のこと?
有機についてのおはなしだよ。

ダイズがおいしい食べものに大変身!
ダイズもマメ科の植物なので根っこにバクテリアが住んでいます。

  サイトマップご質問・お問い合わせご利用にあたって Copyright(c) 2010 JA-ZENCHU All rights reserved. JA全中