JA全中
  あぐり村 食べ物と日本の農業のおはなし  
ホームにもどる もくじ:世界の食べものと農業のページ > 世界の食べものはなくならないの?
このおはなしを印刷する
あぐり村のページ
農家のページ
食べもののページ
商店街のページ
小学校のページ
世界の食べものと農業のページ
おコメのページ
印刷について
もっと調べよう
 
世界の食べものはなくならないの?
世界の8人に1人は栄養不足に苦しんでいる
砂ばくと親子
 今世界の人口は何人でしょう?

 答えはだいたい70億人です。そのうちの約9億2500万人の人が食べものがないために、飢(う)えと栄養不足(えいようぶそく)に苦しんでいます。世界の少なくとも8人に1人がまい日おなかをすかせて、ひもじい思いをしているのです。

 今、地球のどこかでおなかをすかせて泣いているこどもがいるのに、私たち日本人は、まい日いろいろな食べものをたくさん食べたり、食べ残しています。どこかまちがっています。みなさん、そう思いませんか?
国連食糧農業機関(FAO)、世界食糧計画(WFP)、米国勢調査局の資料。
調べてみよう
国連世界食糧計画(こくれんせかいしょくりょうけいかく・WFP)
世界の飢(う)えと貧困(まずしくてこまること)をなくそうと活動をしている国連(こくれん)の組織(そしき)です。WFPの「学校給食プロジェクト」は途上国(とじょうこく)の子どもたちが給食を食べられるために活動です。途上国では、一日に一食、学校給食だけの食事で生活しているお友だちもたくさんいます。

  サイトマップご質問・お問い合わせご利用にあたって Copyright(c) 2010 JA-ZENCHU All rights reserved. JA全中