JAグループとは

JAは、組合員の参加と結集を基本に事業・活動を行う組織です。具体的には、農業生産に必要な肥料や農薬等の資材を共同で購入 したり、農畜産物を共同で販売したりしています。JAの組合員である農業者は、消費者でもあり、日常的な生活資材の提供も行なって います。また貯金、貸出などの信用事業や、生命、建物、自動車等の共済事業、高齢者福祉、健康管理、旅行など幅広い事業を 展開しています。

このようにJAは、販売・購買・信用・共済などの事業を総合的に行なっていますが、それぞれの事業を効果的にすすめていくには 個々のJAだけの力では不十分です。JAグループでは、効率的な事業展開をはかるため、指導・経済・信用・共済などの事業ごとに、 JAとJA連合会による事業組織が形づくられて展開しています。

資料:農林水産省【統合農協統計表】(2012年度)
※統計JA数は、JA全中調べ
JAグループの詳しい事業はこちら

組織概要

JA全中(全国農業協同組合中央会)は、昭和29年に、わが国のJAグループの独立的な総合指導機関として設立されました。

その役割は「全国の農業協同組合及び農業協同組合連合会の運営に関する共通の方針を確立してその普及徹底につとめ、もって組合の健全な発展を図る」と定款に定めています。

この目的を達成するために、JA全中は、JA中央会(都道府県中央会)とともに、全国のJAや連合会の指導、情報提供、 監査、農業政策への意思反映の取り組み、広報、組合員・役職員の人材育成をしています。

そのほか国際協同組合同盟(ICA)に加入し、国際的な協同組合運動にも貢献しています。

こうした活動を通じて、わが国の農業を発展させ、安全・安心で豊かな食べものを提供するとともに、地域社会に貢献するJAグループの取り組みを支援しています。

■全国農業協同組合中央会の組織(平成28年8月1日付け)

総務企画部・役員室 ・総務課 ・企画課 ・人事課 ・協同組合連携課 ・業務管理課
JA情報システム対策部・JA情報システム対策課
経営指導部・経営課 ・震災経営復興対策室 ・経営改善対策課
全国JAバンク相談所
JA全国監査機構
・監査企画部
品質管理課
・審査部
・全国監査部
・都道府県監査部(47都道府県に設置)
教育部(JA全国教育センター)・ 教育企画課 ・マスターコース・センター課
農業対策部・水田農業対策課 ・畜産園芸対策課 ・輸出・GI対策室
農政部・農政課 ・国際企画課
都市農業対策推進室
営農・経営戦略支援部・JA改革推進室 ・担い手総合支援課(JA全国担い手サポートセンター)
・営農・経済改革推進課 ・経営戦略策定支援課 ・青年農業者対策室
組合員・くらしの対策推進部・組合員・くらしの対策推進課 ・高齢者対策課 ・女性組織対策室
広報部・広報企画課 ・統一広報・よい食推進課

■全国農業協同組合中央会「情報公開」

定款平成26年9月17日改正
役員関係平成28年8月10日現在
会員数平成28年4月1日現在
事業報告平成26年度事業報告
一般会計正味財産増減計算書平成26年度一般会計正味財産増減計算書
一般会計貸借対照表平成26年度一般会計貸借対照表
財産目録平成26年度財産目録
監査報告書平成26年度監査報告書
事業計画平成28年度事業計画
予算書平成28年度予算書
監査士資格試験関係収支等平成27年度監査士資格試験関係収支等
監査士試験受験案内平成28年度農業協同組合監査士資格試験受験案内
独立行政法人等の役員に就いている退職公務員等の状況等の公表について平成27年10月1日現在
  • 基本方針

■全国農業協同組合中央会の歴史

JA全中 60年のあゆみ
連絡先
全国農業協同組合中央会 総務企画部 総務企画課
〒100-6837 東京都千代田区大手町1-3-1 JAビル  > MAPはこちら
TEL:03-6665-6000

ページトップへ